ボーナス前でお金がなかった

いつもお給料ギリギリまで使う生活をしており、そのときもあとちょっとでボーナスだから散財しちゃおう、と余裕ぶっこいて散財していました。

ところが、友人の結婚式があったことをふと思いだしたのです。
出席で返事をしてしまったし、学生の頃からの友人なので他の面子からも「楽しみだね」みたいなメールがきて、やっと「結婚式あるんだお金ないんだけど」と気づきました。

さすがにカードローンでご祝儀払うわけにも行きませんし、しかしどこかからお金を融通することもままなりません。
貯金も一万円くらいしかありません。
もっと結婚式が遅かったらボーナスで支払えるのに、何がジューンブライドだと悪態をつきつつどこかでお金を用意しなくてはいけないと思いました。

ボーナス前でお金がなかった

自分の財布に入っているお金も千円くらいしかありません。
「これから昼ごはん代なども考えて出していかなければならないのに、完璧にお金が足りないじゃないか」と自分の計算が狂ってしまいました。
お金を貸してくれそうな人などを考えたのですが、友人からお金を借りるのも気が引けます。
おまけに、親とも疎遠になっているのに、「お金を貸して」という用件だけで連絡することもちょっとなぁ……。

というわけで、結局金融機関でお金を借りることにしました。
ボーナスが入ればすぐ返せるので十万円だけ借りました。
なるだけ普段の生活は節制して、友人の結婚式のご祝儀にも間に合わせることができました。

 

身内だからこそ借りにくい……そんな時にATMの借り入れシステム

友人の結婚式に包むご祝儀の相場は3万円。
あくまでお祝いの気持ちですが、金欠時にはなかなか響く額でもありますよね。

本来、忘れてしまっていた事自体問題ですが、当サイトのテーマから逸れてしまうので割愛します。
身近な人からお金を借りるのは気が引ける……という人は多いものです。
むしろ、身近な人だからこそ、お金に困っている姿を見せたくないですよね。

金融業者は、利用者のプライバシーに対して非常に厳格なところがほとんどです。
ATM経由で担当者を顔を合わせずに借りられるので、金利はあれどこちらの方が気軽だという意見もあるほどです。