パチンコで大失敗して、連休を過ごすお金がなくなった。

今年のお盆の連休の初日に、パチンコで大負けしてピンチになりました。
大型連休の初日とあり気分が開放的になり、連休中に遊ぼうと思ってとっておいた5万円を1日ですってしまったのです。

後10日あまりをどうやって過ごすかかなり悩み、消費者金融のカードローンで借りようかとか色々考えていた時に、ネットで検索していたら携帯のショッピング枠現金化との文字を見つけました。

photo

携帯で買い物する時に使える決済額5万円を、70%で買い取るシステムでした。
5万円が3万5千円になりますが、これなら借金にはならずに済むので携帯のショッピング枠現金化を申込みし、指示通りにするとわずか10分程度で現金が口座に振り込まれていました。

以前良く見かけたクレジットカードのショッピング枠現金化と同じ部類になりますが、正直そのおかげでピンチを凌ぐ事が出来ました。
翌月の携帯料金の支払いは痛くて、この時に妻にはバレてしまいますがそれは分かっていてやってしまいました。

 

お金を返さなくて良いのは利点……しかし公的には認められていない

消費者金融などからお金を借りると、期限内に必ず完済しなければなりません。
しかし、こちらはショッピング枠を「売却」してるわけですから、当然返済義務はありません。
従って、借金よりもリスクが低いと考える人もいます。

しかし、これはこれで危険を伴うのも事実です。
一般的に行われているショッピング枠の売却は、大多数の企業が利用規約で禁止しています。
また、ショッピング枠の売却により、犯罪に巻き込まれるといった事例も実際に報告されています。

お金を返さなくても良いのはメリットですが、大々的に認められているわけではない事に注意しましょう。