お金がなくてピンチだった体験談

数年前に、かなりお金がなくてピンチだったことがありました。

その当時私は、ギャンブルに明け暮れる日々を送っていたために、毎日ギャンブルにお金をつぎ込んでいました。
そんな生活がしばらく続き、私はギャンブルで負ける日が多くなりました。

photo

気がついたたきにはもう遅く、生活費や貯金はスッカラカンになっていました。
しかも、当時は仕事を辞めたばかりで給料も入ってこなかったため、携帯料金やパソコン代すら支払えなくなっていました。

これはもうやばいと思い、私は日払いの仕事をすることにしました。
とりあえず一つだけではお金になりそうになかったので、掛け持ちですることにしました。
工場と飲食店だったのですが、不規則な生活が続き私は精神的にきつくなったのですが、何とかお金が貯まるまでは辛抱しました。

そして、その生活をしばらくしてようやくお金に余裕も出てきました。
支払わなくてはいけない料金を払うことができるようになって、私は何とかピンチを乗り切ることができました。

ギャンブルはもう懲り懲りです。

 

没頭すると恐ろしい存在になるのがギャンブル

ギャンブルに没頭しすぎるあまり、生活が困窮してしまう人が後を絶ちません。
投稿者の方は自身の現状に気が付き、脱却する事ができましたが、現状に気付かない・気付いたとしても脱却できないという人も数多く存在します。

底をついてしまったお金を自分で稼いだのも、どん底へ落ちなかったポイントです。
自分で稼がず消費者金融で借りて、再びギャンブルにつぎ込んでしまう人が多いのです。
掛け持ちという事で、相当の体力と気力が必要だったかと思われますが、もとの健全な生活に戻るためには致し方なかった部分もあるでしょう。